TOP > コッカプー

» コッカプーのブログ記事

父犬と母犬が違う犬種のミックス犬です。
それぞれの犬種の特徴を持ち、外見の可愛さは勿論ですが体質的にもお互いの弱い部分を薄めるという目的もあり作出してます。
今の姿が1年後にどんな風に変わっていくのも楽しみの1つだと思います。

間もなく交配予定です。

【前回の子犬情報】

父犬 トイプードル レッド     母犬 コッカプー 

*下段に親犬の写真があります。

価格    ¥230,000円(女の子)

1回目ワクチン・健康診断書・1週間分のフード・今まで使っていたぬいぐるみをお付けいたします。

優良ブリーダーさんのミックス犬は可愛いのは当たり前、健康状態までキチンとしていますので安心してお迎えする事が出来ます。

ミックス犬は純血種と違い1年後の姿がその時になってみないと分かりません。

当店提携のブリーダーさんはこの組み合わせで何度が子犬を作出し、新しいご家族様の元へお届けしておりますがみんな健康でご家族様に幸せを注いでおります。

ミックス犬こそ優良ブリーダー様からご家庭へ、安価なミックス犬とは両親犬の質が違います。

女の子 2匹【ご家族決定】
pk2 zz2

 

【親犬情報】

父犬 トイプードル・レッド(モデル犬として活躍)

toypoo papa

母犬 コッカプー バフカラー(コッカー似の優良血統)

cocapoo mama

【コッカプーの生活環境】
千葉県内のブリーダーさんとのんびり過ごしています。
遊ぶ時も寝る時はいつもブリーダーさんと一緒です。
犬達はみんな良く躾けをされており健康管理もきちんとされて、愛情をたっぷり注がれて育てられている親犬の子犬ですので愛嬌たっぷりで飼いやすいです。
元気で可愛いコッカプーの子犬を、是非見にいらして下さいませ。

尚、お色は成長と共に薄くなるかもしれません。

お問い合せは【子犬お探し】までお願い致します。

トイプードルとアメリカン・コッカー・スパニエルの良いトコ取の飼いやすいタイプの小型犬です。

容姿 ・・・ プードルとアメリカン・コッカー・スパニエルの中間でマズルは短く、耳は垂れ耳尾には飾り下がある。

毛色・・・ 両親犬の犬種基準内

体高 ・・・ 24.5~38cm

体重 ・・・ 6~10㎏

性格 ・・・ 明るく忍耐強い 優しく子供や他の動物に対して友好的

かかり易い病気 ・・・ 外耳炎・脂漏性湿疹

コッカプーの子犬情報はこちらからです。

お問い合わせは”子犬お探し”コーナーへ!

コッカプーTOPへ戻る

コッカプーの歴史

| コッカプー, 歴史 |

コッカプーは1960年頃にアメリカやカナダで、毛が

抜けにくくアレルゲンの低い性質を持つプードルと

愛情が深く辛抱強いと言われているアメリカン・

コッカー・スパニエルを組み合わせて、理想的な

愛玩犬を目指して作られたと言われています。

オスのトイプードルとメスのアメリカン・コッカー・

スパニエルを掛け合わせて様々な改良をされてきました。

コッカプーは瞬く間に人気犬種となり知名度も急上昇しました。

しかし、心無い繁殖者の手で偽物が作られて販売された事が社会問題

にもなってしまった哀しい歴史もあります。

その為に一時は犬種廃止の危機にさらされた事もあったそうです。

しかし、健康面や性格面等で問題の出る組わせではなく、お互いの長所を

受け継ぎやすいという良い面が多くあった為や、ブリーダーが利益よりも

”穏やかな性格で犬アレルギーを持つ人でも飼育できる”と言う優れた性質を

目的として作出する事を心がけてきたという事が犬種存続の大きな理由で

あったとの事です。
コッカプーの子犬情報はこちらからです。

お問い合わせは”子犬お探し”コーナーへ、お待ちしております。

コッカプーTOPへ戻る

» コッカプーのブログ記事

犬種別 子犬情報

ご案内