TOP > ポメラニアン

» ポメラニアンのブログ記事

飼い主の足元にいつもまとわり付いて遊んでいる可愛い
存在のポメラニアンの子犬達です。
あまりの可愛さに負けて我がままな子にならないように、
トレーニングを忘れないでくださいね!

pome3性格 ・・・・・・ 陽気で賢く好奇心旺盛活発な忠犬です。警戒心が強い一面も持っていますので、どんな訪問者にも吠えないように躾ける必要があります。

体高 ・・・・・・ 20cm

体重  ・・・・・・ 1.5 ~ 3㎏

毛色 ・・・・・・ オレンジ ・オレンジ セーブル ・  パーティー ・ ブラック ・ ブラック タン ・ クリーム ・ホワイト ・  ウルフ セーブル ・ セーブル ・ チョコレート ・ チョコレート タン

原産国 ・・・・・ ドイツ

ポメラニアンの子犬情報はこちらです!

ポメラニアンTOPへ

pome4【かかりやすい病気&ケガ】

外耳炎 ・・・・・・ ピンと立っている耳には異物が入りやすいのでコマメにチェックやお手入れを!

気管虚脱 ・・・・ 6~8歳以降に加齢が原因で気管軟骨が柔らかくなり、平らにつぶれる為に呼吸がしずらくなる病気です。

膝蓋骨脱臼 ・・ 後ろ足にあるひざのお皿が外れてしまう症状です。お散歩等の時に歩き方等をチェックしてください!

歯周病 ・・・・・・ 人間同様にワンちゃんも歯周病にかかりますので、普段から歯磨きや歯石除去等で予防しましょう!

増帽弁閉鎖不全症・・・ 肥満や加齢により小型犬に見られる病気です。セキをしていたら獣医師の診察を!

骨折 ・・・・・・足の骨が細い為に飛び降りた時の衝撃で折れてしまう事があります。また肥満等でもおこる事がありますので体重管理は大切です。

ワンちゃんの健康管理には、食事の内容・適度な運動・日頃の衛星管理・年1回程度の獣医師による健康診断が大切です。

楽しいドッグライフを末永くおくる為に、子犬を迎えたその日から健康管理をお願いします。

ポメラニアンの子犬情報はこちらです!

ポメラニアンTOPへ

 

 

 

 

 

pome1現在のポメラニアンの祖先は大きな使役犬で、スピッツあるいはウルフスピッツと呼ばれていた牧羊犬やソリ犬だと言われています。
ポーランド北西部からドイツ北東部にあたるポメラニア地方にこの犬種が関係していると思われることにちなんでポメラニアンと呼ばれていたようです。
正確な記録は残っていおりませんが、現在のポメラニアンのもととなる犬種を繁殖し続けていたようです。
のちに、イギリスの王族がポメラニアンの改良に貢献し繁殖家たちによって小型のポメラニアンへと改良され、また人気も高まりました。
フランス皇帝ナポレオンの王妃ジョゼフィーヌやイギリス王ジョージ4世等にも愛されていたとの事です。

 

ポメラニアンの子犬情報はこちらです!

ポメラニアンTOPへ

前回生まれて新しいご家族の元へ旅立ったポメラニアンの子犬です。

ポメ20130403男の子2-2 pome130911 pome130911
オレンジセーブル ホワイト ブラック

お問い合わせは”子犬お探し”コーナーへ、お待ちしております。

ポメラニアンTOPへ戻る

» ポメラニアンのブログ記事

犬種別 子犬情報

ご案内