TOP > コッカプーの歴史

コッカプーは1960年頃にアメリカやカナダで、毛が

抜けにくくアレルゲンの低い性質を持つプードルと

愛情が深く辛抱強いと言われているアメリカン・

コッカー・スパニエルを組み合わせて、理想的な

愛玩犬を目指して作られたと言われています。

オスのトイプードルとメスのアメリカン・コッカー・

スパニエルを掛け合わせて様々な改良をされてきました。

コッカプーは瞬く間に人気犬種となり知名度も急上昇しました。

しかし、心無い繁殖者の手で偽物が作られて販売された事が社会問題

にもなってしまった哀しい歴史もあります。

その為に一時は犬種廃止の危機にさらされた事もあったそうです。

しかし、健康面や性格面等で問題の出る組わせではなく、お互いの長所を

受け継ぎやすいという良い面が多くあった為や、ブリーダーが利益よりも

”穏やかな性格で犬アレルギーを持つ人でも飼育できる”と言う優れた性質を

目的として作出する事を心がけてきたという事が犬種存続の大きな理由で

あったとの事です。
コッカプーの子犬情報はこちらからです。

お問い合わせは”子犬お探し”コーナーへ、お待ちしております。

コッカプーTOPへ戻る

犬種別 子犬情報

ご案内