TOP > 柴犬の歴史

shiba柴犬は縄文時代から人間と、鳥やウサギなどの小動物の狩猟等をして共に生活をし日本でも本州各地では古くから飼われてきた犬種です。
日本の固有の犬種(秋田犬・甲斐犬・紀州犬・四国犬・柴犬・北海道犬)の中で最も古い歴史があると言われており、昭和11年に天然記念物に指定されています。

江戸時代の幕末まで鎖国が行われていた事により純血種が保たれていましたが、明治に入り鎖国が解かれると外国の犬種が日本に入ってくることになり、雑種が一気に増えてしまった事や第二世界大戦の食糧難、更に昭和27年に犬ジステンバーが流行した事等によって絶滅の危機に陥るという残念な歴史もありました。

しかし、日本犬を愛する人々の手によって日本犬保存会が発足され、現在では最もポピュラーな家庭犬として人々に愛され続けています。

お問い合わせは”子犬お探し”コーナーへ、お待ちしております。

柴犬TOPへ戻る。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

犬種別 子犬情報

ご案内