TOP > ワイマラナーの健康!

waimaraner4ワイマラナーは深い胸部(deep-chested)をしており、他の犬種に比べて胃捻転になりやすく、適切な処置をされないと死に直結するような重篤状態に陥る。胃捻転は胃が捻れることにより食物の流れが妨げられて滞留し、ガスで胃が拡張して周辺の臓器を圧迫、全身の血流を止めてしまう疾病である。兆候は苦痛、不快、胃の膨張で、即座の治療が必要であり外科手術がほぼ唯一の治療法である。予防法としては、食餌を1日2回以上に分けて与え、食餌直後の激しい運動を避けること。ワイマラナーの飼育者はこの疾病を無視することなく身近な問題であることを理解し、非常時に備えていつでも獣医師に連絡できるようにしなければならない。

大型犬種に共通な股関節形成不全も重要な問題である[1]。成犬時に股関節形成不全になるかどうかを幼犬の段階で判断できるレントゲン検査法であるOFA(en:OFA)、PennHIP(en:PennHIP)を用いて検査しているブリーダーからワイマラナーを入手することが望ましい。 その他の健康上留意すべき点として、以下がある[1][2]。

    潜在精巣
    肘関節形成不全(Elbow dysplasia)
    睫毛重生(en:Distichia)
    フォンウィルブラント病(Von Willebrand Disease)
    眼瞼内反症
    甲状腺機能低下症
    肥大性骨形成異常(Hypertrophic osteodystrophy)
    成長ホルモン分泌不全(Growth hormone deficiency)
    髄鞘形成不全(Hypomyelinogenesis)
    腎形成不全(Renal dysplasia)
    進行性網膜萎縮症(Progressive retinal atrophy)

【ウィキペディア フリー百科事典より 】

❤ ワイマラナーのTOPへ

❤ ワイマラナー子犬情報へ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

犬種別 子犬情報

ご案内