TOP > ごあいさつ
“あっと ぱぴぃ”へようこそ

そして、この度は数あるインターネットショップの中から当店へ
お越しくださり心よりお礼申し上げます。

私は子供の頃より動物が大好きで、その頃は父の会社の社宅に住んで
おりましたので、インコやリスといった小動物を育てていました。
大人になり、10年以上前に念願だった猫を某ペットショップの里親コーナー
から引取って育てました。

その猫が家に来て約2~3週間ぐらいは怯えて本棚の隙間に入ってしまい、仕方なく食事
だけ置いて仕事に出かける毎日でした。
それが、突然朝に”ニャー”と食事をねだりに近づいてきて、自然と私の膝の上で甘えるよう

になりました。
私はこの猫に、動物とはこんなにも人間の心を組み取ってくれるものだ、と言う事を教えられ、

動物たちの目をキチンと見られないような行動はしたくない!
“嘘のある自分”にはなるまいと改めて思いました。

その後犬が欲しくなり、外出先で偶然会ったブリーダーさんから”ベルジアンターヴュレン”
という犬種の雄の子犬を譲って頂きました。
初めて犬を飼うのにいきなり大型犬、本当に可愛いと思ったのは最初の3日だけ、平日は

会社に勤めていた私は朝は4時に起きて散歩をし、帰るとウンチだらけの部屋を1時間以上
掛けて掃除してその後夜の散歩をし合間に躾けをするという日々!
この時は犬の本やインターネットの躾けサイトを時間を惜しんで勉強したり、空いた時間は

すべて犬の為に使う日々でしたが、それ以上に犬から沢山の安らぎと愛をもらえる事に喜び
を感じていました。

勉強を重ねていく中で、世の中には不幸にも飼い主に捨てられたり実験動物として生涯を
終える犬達が沢山いる事を知り、この犬達を1頭でも救うことは出来ないものかと考えてい
る頃に”アニマルセラピー”をボランティアでやっている代表の方に声を掛けられました。
アニマルセラピーの犬達は殆どが捨てられた犬を訓練してセラピードッグにしています。
私はセラピー活動をしながら少しずつ小さな命の大切さを伝えていきたいと思い今でも活動

に参加しています。

私は今インターネットで犬を売るという仕事をしていますが、この仕事の中でもお客様に最後
まで大切に育てて頂けますよう特にアフターフォローに勤めて参りたいと思っております。
そして、このネット販売で頂きました収益の一部は恵まれない犬達の為の資金として考え

いきたいと思っております。

子犬を家庭に迎えて2~3週間は、私も何かと大変な思いを致しました。
子犬も初めは、いつも居たはずの母犬や兄弟犬が居なくなり住む環境も突然変わってしまい、
心細くてご飯を食べなかったり夜泣きをしたり体調を崩す子犬もいます。
当店でご購入されましたお客様には、関東近郊でしたら出来る限りおうかがいして、遠方の方

はお電話やメール等で健康面や躾け等のアドバイスをさせて頂きます。
お客様とワンちゃんが良いパートナーとなって頂けますように心を込めてお手伝いさせて頂きた

いと思います。

あっと ぱぴぃ 店長 夏見香苗

犬種別 子犬情報

ご案内