TOP > シーズーの歴史!

シーズーの起原は17世紀初めのチベットと言われています。

中国でもっとも尊ばれた動物として正確には獅子狗(シーズー・ゴウ)といい、ラサ・アプソンとペキニーズを掛け合わせて作出した小型犬です。
チベットの寺院より中国宮廷の皇族に貢物として贈られて、主に中国の王室で繁殖されるようになり裕福な貴族達だけが飼える高貴な愛玩犬として大変尊ばれ、大切に飼われてきました。
しかし、イギリスが北京の紫禁城を占領した際にほとんどのシーズーが殺されてしまったと言う哀しい歴史もありました。
その後、わずかに残ったシーズーを1930年にイギリス人の旅行者が中国から持ち帰りヨーロッパに紹介され、愛犬家たちに守られました。
第二次世界大戦が終わってからアメリカに渡り、シーズーの人気が高まり、現在では最も人気のあるトイ・グループの犬種の一つとなりました。
お問い合わせは”子犬お探し”コーナーへ、お待ちしております。
子犬情報はこちらへどうぞ。
シーズーーTOPへ戻る
shi-zu2

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

犬種別 子犬情報

ご案内