TOP > ワイマラナーの歴史!

waimaraner3ワイマラナーのスタンダードは1800年代から確立されつつあったが、よく似た特徴を持つ犬は1200年代のフランス王ルイ9世の頃から存在したことが確実視されている。ヨーロッパで繁殖されていたポインター種とマスティフがその直接の先祖であると考えられており、特に外見上の高貴さと信頼が置ける狩猟犬であることを目的に改良を重ねられた。所有者は上流階級に限られ、そこで本犬種は高い評価を受けた。当時としては珍しいことに群れで飼育されていて、周囲に仲間や飼育者がいることが当然であった結果、一頭で犬小屋に閉じこめられたりすると落ち着きを無くす犬となった。ワイマラナーはあらゆる用途に適し、番犬、狩猟犬としても、更には子供に対しても愛情深く忠実な家庭犬である。現在でも狩猟犬として使われ、獲物の生殖器を攻撃しようとする狩猟本能はとりわけ興味深い。

ドイツはあらゆる狩猟能力を兼ね備えたこの犬種を自国で独占していたが、1950年代にアメリカに1組のペアを紹介したところたちまち評判となった。個々の能力、例えば脚力はポインター種に比べて低かったが、狩猟犬としてのあらゆる資質において万能であったためアメリカ合衆国の狩猟家に大歓迎された。その快活で活発な性質は好ましく受け入れられたが、幼児のいる家庭にはあまりに活動的であったようである。本種の人気のあまり、望ましくないペアでの繁殖が行われた結果、問題のある犬が産まれるようになってしまったのは残念なことである。本犬種の人気が衰えなかったイギリスとアメリカのブリーダーは、それ以来ワイマラナーのクオリティを落とさぬよう注意して繁殖を行うようになった。
【ウィキペディア フリー百科事典 より参照】

❤ ワイマラナーのTOPへ

❤ ワイマラナー子犬情報へ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

犬種別 子犬情報

ご案内