TOP > 子犬のお迎え

子犬の見学から到着までお時間がある場合は前準備として下記の事を是非行ってください。

  1. 首輪やリード、ご飯を入れるお皿や犬種に合ったケージ、トイレ用シーツなどわんちゃんに必要な物を揃えて下さい。  またご不明な場合はご相談下さい。(スターターセットをを当店で販売しておりますのでご希望があれば承ります。)
  2. ご近所等の評判を聞きながら獣医さんを探してください。(獣医さんも千差万別です。)
  3. 犬の飼い方の勉強をしてください。(インターネットや書籍など)

そして、いよいよ子犬が到着!

ここから3日間ほどは新しい環境に慣れるまである程度我慢比べと思ってください。
何でも最初が肝心ですよ。

1. 可愛いワンちゃんですから抱っこしたいことでしょう。食事の前後などに30分程度の時間を決めて
かまって上げてください。
とにかく疲れとストレスが溜まっていますから、3日間ほどはゆっくり休ませて上げることが肝要です。

2. 室温にご注意を。特に小型犬は気を付けて下さい。
犬も人と同じです。寒い時は犬も寒い、暑い時は犬も暑いのです。この心配りを忘れないでください。
(夏場は犬も熱中症になりますから留守時もエアコン等で温度調整をしてあげて下さい。)

3. ケイジやサークルから出して欲しくて騒いでも決して出してはダメです。 ここで負けて出してしまうと騒いだら出してもらえると学習してしまいます。
(ケイジやサークルのトレーニングが出来ていないとダメというペットホテルもあります。)

4. 健康のバロメーターは糞です。 大型犬の場合は多少軟便ですが健康な子犬は、通常はコロコロしている状態です。しばしば子犬は母犬の便を舐めて、おなかに回虫がいる場合もあります。従って普通はブリーダー段階で駆虫薬を入れていますが、それでも出ない場合がままあり得ます。その虫が環境変化で動き出し、下痢の症状を見せる場合があるのです。ティッシュで掴めないような下痢はすぐに獣医に連れて行ってください。食欲はあるけど下痢が続いているとその内に食欲もなくなり、低血糖を引き起こし死に至る場合もあります。早期発見ならば、なんら慌てる必要はありません。獣医のくれた駆虫薬をフードに混ぜて与えればすぐに解消します。

5. 同様に耳を掻く状態の時は、耳ダニがいる可能性もあります。その場合も、獣医から診察していただきダニの駆除薬を付けてあげればすぐに解消します。
回虫や耳ダニはブリーダー段階でかなり配慮し清潔度の維持に努めているはずですが、どんなに気を遣っても完全には駆除できない性格のものです。
これは当店の専属獣医さんも言っていました。中にはブリーダーさんの責任にする獣医さんもいますが、腕の良い獣医さんには良いブリーダーさんがついていますから、このような事を言われた時は当店にもご相談下さいませ。

6. 3日間ほどの夜泣きは当たり前です。 泣いても決して負けて、ケイジから出さないでください。本能的に親犬や兄弟との生活を思い出し、寂しがっている
のです。これからはあなたが家族であり親ですよ。
なお、親の匂いが付いた布切れが欲しいと要望される場合もありますが、これは新しい環境に馴染まないことにもつながり、一考が必要でしょう。

7. フードの与え方
フードは、現在食べているフードをブリーダーから聞いてお伝えします。
住む場所や人が変わってしまうだけで子犬は不安を抱えていますから、せめてフードは最初の内だけでもブリーダーと同じものを与えてあげて下さい。

(標準的な食べさせ方)
お湯で15分ぐらいふやかしてから、つぶして、かき混ぜて食べさす。
量は最初に食べた量(最初は多目に与える)を基準に徐々に増やして行く。逆にお湯の量は減らし気味にし、生後90日以降(歯が生えてきた頃)は完全ドライに切り替える。(仔犬の頭半分が、ふやかし状態で1日に与える量です。この判断は難しいですから最初にどれほど食べるか余らす程度に与えて目安を覚えてください)
・1日の回数は2回~3回
(1日の食べる量が決まっているので、それを何回かに分けて与えると言うことです。子犬の内は、できたら3回の方がベター)。夏場はいつまでも置いておくと悪くなるので注意。

・食べが悪い時は、肉缶詰をチョット混ぜて食べさす(臭い付け程度です)。
鳥のササミをボイルして混ぜて与えても良い。
また犬用粉ミルクはサプリメント代わりに与えても良い。
・水は新鮮な水道水を与える。(ミネラルウォーターは尿結石を引き起こしやすい)
・決して牛乳は与えないでください。下痢の原因になります。

8. トイレは位置を決めたら動かさないで下さい。

9. 生後約4ヶ月間は、歯が生え変わるまで「あまがみ」があります。 その場合上下の顎を強く掴むか、口の付け根を思いっきり横方向に引っ張り、嫌がるまで「ダメ、ダメ」を繰り返して下さい。これも我慢比べです。

10.お散歩やシャワーは90日ワクチンが終わって1週間目のデビューと考えて下さい。
ただしダッコして外に連れて行くのは構いません。天気のいい時は出来るだけ抱っこして外の環境に慣れさせると、お散歩の時に怖がる事が少なくなります。
また、お尻が汚れている場合などは部分洗いや蒸しタオルで拭いてあげてください。

11. 獣医さんのことを悪く言うつもりはサラサラありませんが、近所の人から聞いて流行っている所に行ってください。 ペットには健康保険がありませんから、獣医師の料金は様々です。また、ブリーディングの知識や環境を知らない獣医も多いのが現実であり、何かあると子犬の問題、ブリーダーの問題にされがちな傾向にあります。小さい病気でも最悪を考えて大きい病気を伝える傾向にあります。例えばケンネルコフ(犬の風邪)とジステンバは初期症状が似ています。
ジステンバは血液検査を終えないと断定できません。この場合「ジステンバの疑いがある」と告げることになります。
獣医師の立場上、仕方ないのかも知れませんね。(事前に評判を聞いておくと良いです。)

犬種別 子犬情報

ご案内