TOP > 遠方の輸送について

【あっと ぱぴぃ】では基本的に遠方のお客様に空輸・又は陸送といった手段で子犬をお送りする事をお伝えしております。
出来る限り対応する方針では御座いますが、犬種及びブリーダーさんの子犬の健康管理上の方針により対応できない場合が御座います。
子犬の健康上の事を考えれば、飛行機の荷物室やトラックの荷台に載せるよりもお客様に直接お引き取り頂くほうがより安心できると考えますが、その点をご考慮頂きながら下記の内容をご確認くださいませ。

旅立ち!!

〈空輸と陸送に関して〉
ワンちゃんの始めての旅行は、一番負担が掛からない方法をブリーダーと相談して決定します。

● この決定に当たっては、狭い籠に入れられている時間はどっちが短いか、距離は、温度はなどから決定します。

● 空輸の場合、飛行機の飛んでいる時間が日本全国ほとんど1時間程度ですね。時間的には陸送に比べて負担が少なく済むはずです。

● 一方陸送は、コスト的に安価で全国対応していただける運送会社が「西濃運輸」と「福山通運」に限られています。両社からブリーダーが利用している運送会社を選択し、お客様のご住所に近い運送会社の営業所留めとなります。この両社は夕方の集荷(営業所により19時頃までの所もあり)をし、距離や交通事情によっても異なりますが真夜中から明け方に到着するのが一般的です。到着したら連絡をもらうよう事前に依頼(伝票No.を伝えておく)しておく方が良いでしょう。 いずれにしても飛行機に比べ長い時間が掛かりますね。 しかし、ブリーダーからの近場の移動はやむを得ません。

● 飛行機の貨物室は、客室と同じく20度~25度に維持されています。快適な旅となるでしょう。一方陸送の場合は、夏場の暑い時や冬場の寒い時は色々配慮して送犬するようブリーダーに依頼しておかねばなりません。例えばホッカイロやドライアイスを利用し、温度調節の工夫などです。

● 空輸の場合で直行便が飛んでない時は、乗り継ぎ便を利用することもあります。乗り継ぎ時間は2時間以上を空けないとなりません。総時間を陸送と比較して決定します。
なおこの場合でも、運送費は変わりません。

● 最後に運送費ですが、空輸、陸送とも日本全国おおよそ5,000円程度です。

【ご参考】
・西濃運輸のホームページはこちらから  http://www.seino.co.jp/seino/
・福山通運のホームページはこちらから  http://www.fukutsu.co.jp/
・JALのホームページで時間を調べるはこちらから  http://www.jal.co.jp/5971/
・ANAのホームページで時間を調べるはこちらから  http://www.ana.co.jp/asw/

子犬をよく見て!!

〈ワンちゃん受取り時に、次をチェックしよう。〉

さあ、ワンちゃんと始めての出逢いです。下記10項目は誰にでもチェックできますよ。ワンちゃんの健康状態をチェックしてください。これらが合格なら一安心です。異常が見受けられたらその場ですぐにご連絡ください。

1. 性別、カラーなど依頼したワンちゃんに間違いないか。

2. 籠の中に糞をしている場合、下痢気味でないか。(固めが普通)

3. 抱いてみて、骨格はしっかりしている感じか、また見た目に比べ重みが感じられるか。

4. 毛ツヤはどうか。フケ、ハゲ、皮膚の湿疹などないか。痒がっていないか。

5. 肛門をみて、ハレ、ただれがないか。痒がっていないか。

6. 目ヤニは出てないか(涙焼けと違う)。

7. 耳の中も周囲もきれいか、臭ってないか。痒がっていないか。

8. 鼻水が出てないか。

9. 歯ぐきや舌がピンク色か、口臭はないか、噛み合せも大丈夫か。

10. 歩行状態に異常はないか。

★ 犬種によっては別途チェック項目もありますが、専門的なことであり当店で事前にブリーダーと確認済です。[例:チワワ———-泉門(脳天)の開き具合]

受取りに当たっては、特に持って行く物はございません。籠の中が汚れている場合は新聞紙の交換、水は自販機のポカリスエットやアクエリアスを買って、キャップに注いで飲まして下さい。
・疲れている時は仔犬の血糖値が下がっていますから、多少甘さがあった方が良いのです。

籠にワクチン証明書や血統書が貼り付けている場合、大切に保管してください。

犬種別 子犬情報

ご案内